美容クリニックで改善させられる症状|ビューティー改善塾

肌を綺麗にする施術

ニキビ跡の赤みの原因は何でしょう

お肌のトラブルには様々なものがありますが、中でもニキビ跡には多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。ニキビができてしまうと、ニキビそのものは治ってもニキビ跡が残ってしまうことが多いのです。特に、赤みのある跡が残ってしまうと目立つため、鏡を見ることがストレスになることもあります。どうして、ニキビ跡の赤みが残ってしまうのでしょう。 ニキビができると、肌の内部ではアクネ菌が増殖します。すると、アクネ菌を退治するために免疫細胞が戦います。この状態が、肌が炎症を起こして赤みが出ている状態といえます。肌表面のニキビが治っても、内部で炎症が続いていると、赤みのあるニキビ跡として残ってしまいます。 しかし赤みのあるニキビ跡の場合は、クレーター状の跡などとは異なり、適切なケアを行うことで改善する可能性が大いにあります。

改善方法を見てみましょう

赤みのあるニキビ跡の場合、肌の内部でまだ炎症が起こっています。ですから、炎症を鎮めるケアを行うことで、改善していくことができます。 まずは、肌のターンオーバーを整えることが大切です。弱っている肌を、健康な状態に戻すのです。基本的ですが必要不可欠な方法は、睡眠をしっかりと取ることです。そして食生活を整えることです。 また、ニキビ跡に刺激を与えてはいけません。洗顔やスキンケアの際には、肌を擦ったりせず優しく行うことが大切です。ニキビ跡を擦ってしまうと、色素沈着を起こしてシミになってしまう可能性があります。 その上で、ニキビ跡に効果のある化粧品できちんと保湿するとよいでしょう。 このような方法で時間を掛けてケアしていくことで、ニキビ跡の赤みを改善することができます。

↑ PAGE TOP